このエントリーをはてなブックマークに追加

5月を過ぎ6月を迎えるとTシャツ・ポロシャツなどのウェアプリントのお問い合わせがすごく増えてきます。
お客様が普段お取引きしているシルクプリント工場様も同じようにお問い合わせが増えるという、忙しいシーズンが決まっている商材を取り扱う業界では仕方のない繁忙期というものを迎える事でしょう。

シルクプリント駆け込み工場

納品日まで日数があれば問題ないのですが、特に納品日が決まっている場合、繁忙期では対応ができなくなる工場も少なくはありません。
しかし、エースプリント株式会社は関西でも有数のキャパを誇るシルクプリント工場だと自負しています。ここに至る35年間でコツコツと積み重ねてきた社内インフラとスピードとクオリティ・・そしてキャパシティがございます。

キャパシティの秘密

スピード対応・小口から大口対応まで安定したクオリティで対応できているのは、「シルクスクリーンプリントに必要な機能はすべて社内に内製化している」という部分です。
下記細かい部分は省いていますが、データを頂く部分からはじまり、荷物を出荷するところまですべてエースプリントで行います。

製版工程
Tシャツのセッティング
プリント工程
仕上げ工程

自社ですべて内製化するという事は、何かちょっとしたトラブルにもすぐに対応できるという事。またもし急がなければならないプリントが発生したとしてもロスタイムなく対応が出来るという仕組みがあるからです。

まずはお問い合わせを!

忙しい時期の急ぎのプリントだけどあきらめようかな・・。なんて考えているあなた。
是非一度、お気軽にご連絡を頂けると幸いでございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加